1泊2日 ¥3,800


人生の新しい門出をみんなで祝福しましょう!

還暦は六十一年目には生まれた年の干支に戻るため、「本卦還り」とも呼ばれます
還暦の祝いでは、「赤子に還る」という意味で本人に赤色の衣服(ちゃんちゃんこなど)
を着て、一族で長寿の願いを込めてお祝いします。


中国の詩人杜甫の詩の中の語句からきています。
  「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」
昔は短命な人が多く、七十歳まで長寿を保つのは稀であったのです。


喜の字は草書で書くと七十七と読める事から七十七歳のお祝いを喜寿と呼ぶように
なりました。室町時代から始まったといわれます。



傘の略字が八十に見えることから、八十歳のお祝いを傘寿と呼ぶようになりました。


米の字を分解すると八十八になることから、八十八歳のお祝いを米寿と呼ぶように
なりました。昔は近親縁故を招いて祝宴を催し、記念品には米にまつわる物(米びつ・
升など)を送る風習がありました。



卒の略字「卆」が九十と読める事から、九十歳のお祝いを卒寿と呼ぶようになりました。


百の字から上の一を取ると「白」となることから、百歳から一引いた九十九歳のお祝い
を白寿と呼ぶようになりました。





 
    

Copyright(c)2009 R&R Rental Onomichi All Reserved